光学顕微鏡や細胞などについて実習しました

光学顕微鏡などについて研究しました。オッズを臨みます。レボルバーのパートを保ち、それをかちっと居座るまで回し、見晴らし易いオッズの対物レンズに替えます。次は、ピントを併せます。対物レンズのオッズを替えても、総じてピントが合うようになっているので、まだまだ調節すればいいです。しぼりは、見やすい明るさに調節します。そして、次は細胞についてだ。地球上の鳥獣は、アニマルも植物もみな細胞という根本単位でできている。当方が元気に生活を送ることができるのも、健康をつくっている多様な細胞のはたらきのおかげです。そして、当方も私たちの健康をつくっている個々の細胞も共に助け合いながら生きているのです。これらの細胞を見ていくと、細胞の同一性と特質が表れるに違いありません。個体が多数の細胞から変わる鳥獣を多細胞鳥獣といいます。このようなことを覚えましたが、知らないこともあったので知れて良かったなと思いました。脱毛ラボ 料金